SP

2010年6月28日月曜日

電波時計(腕時計)。


10年近く愛用していたG-SHOCK(Gショック)の表面の部分が破損してしまったため、
かなり愛着があったのだが、仕方なくGショックは家で使うことにして、
実用的でかつリーズナブルな時計はないかと探して見つけて購入したのが、
カシオ(CASIO)の電波時計「WAVE CEPTOR ウェーブセプター SPORTS GEAR WV-M200-1AJF」。

商品説明によると、
「SPORTS GEAR」シリーズのマリンスポーツや水泳などにも安心して使用できる20気圧防水のスポーツウオッチ。
世界5局(日本2局、アメリカ、ドイツ、イギリス)の標準電波を受信し、時刻を修正するマルチバンド5電波受信機能を搭載。
世界48都市(29タイムゾーン)の時刻表示、サマータイム設定機能付き。
電池寿命は約3年。
など。

G-SHOCKも候補として検討していたのだが、価格やデザインの面で、ちょっとした大人には付けづらい雰囲気もあるような気もして、こちらの製品に。

また、電波時計の場合、ほとんど時間が遅れたり、進んだりすることもない所も購入の決め手に。

気に入った点
・電波時計(時間がまず狂わない)
・デジタル表示(見やすい)
・操作のしやすいアラーム、ストップウォッチなどの機能
・シャープなデザイン
・電池式(ソーラーバッテリーのものもあるが、聞くところによると、バッテリー式のものは、バッテリー自体が3年くらいでダメになり、バッテリー交換となると、1万円ほどかかるのだそう。
その点、電池式は、電池交換さえすれば時計自体が壊れない限りずっと使える。エコであり経済的。)
・リーズナブルな価格(5000円前後)

気になる点
・机などに置いた時、ベルト部分が固く固定されているため、正面(表示部分)を上に向けて置くことが出来ない
・ベルトが固い(スポーツタイプのため仕方ないが)