SP

2016年11月18日金曜日

IH炊飯ジャー(日立「RZ-XC10M」)。















手ごろな価格で、そこそこ美味しく炊ける(それほど贅沢は言わない)炊飯器が欲しくなり、購入したのが、HITACHIのIH炊飯ジャー「極上炊き 鉄入り釜 RZ-XC10M」。

最近の炊飯器といえば、「マイコン炊飯ジャー」「IH炊飯ジャー」「圧力IH炊飯ジャー」「圧力スチームIHジャー炊飯器」などあるが、2万円くらいまでで買える物ということで、「IH炊飯ジャー」か「圧力IH炊飯ジャー」のどちらかと思ったが、「IH炊飯ジャー」に比べ、「圧力IH炊飯ジャー」の方が壊れやすい(使い方、当たりはずれ、物にもよると思うが)という話を聞いたので「IH炊飯ジャー」に決定。

そして、サイズは、3合炊き、5.5合炊き、1升炊きなどあるが、一般的な5.5合炊きに決定。

これらの条件に当てはまり、なんとなく選択肢に残ったのが、タイガー、象印、パナソニック、日立。

さらに、ネットやチラシ広告を見ていて、ちょうど売出し中だったパナソニックと日立の2択になり、最終的には、炊飯器の外側にしゃもじを付けておける「しゃもじ受け」が付いている日立に決めて購入した。

主な仕様は・・・

炊飯容量:1.0L(5.5合) 0.09~1.0L
内釜:鉄入り釜(取っ手付き) 厚さ1.5mm ※内釜で洗米できます。
保温時間:24時間保温
表示部:液晶
予約炊飯:2メモリー
消費電力:炊飯1,400(W)
外形寸法:幅×奥行×高さ 25.4×35.2×18.7(cm)
ふたを開いたときの高さ:40.0(cm)
質量:約3.7(kg)
炊飯時消費電力量(1回当り):165(Wh)
保温時消費電力量(1時間当り):20.7(Wh)

・・・とのこと。

使ってみた感想は、炊き方「ふつう」と「極上」でしか使っていないが、普通に美味しく炊ける。
もちろん「極上」で炊いた方が美味しい。
水を多めに入れても、感覚的にお米がベトベトしない所も気に入っている。

釜も取っ手が付いていて持ちやすく、内釜カーボンフッ素6年保証もgood。

使いはじめや、においが付着してしまった際に、内がまに水だけを入れて炊くお手入れ(においがとれる)方法(説明書に記載)もあり。

気にいった点
・手ごろな価格
・しゃもじ受けが付いている
・内釜に取っ手が付いている
・内釜カーボンフッ素6年保証
・内蓋が外せて洗える
・水だけを入れて炊くお手入れ方法あり

気になった点
・耐久性
・付属しているしゃもじにご飯が付きやすい(そのため以前使っていた物を使っている)
・高価格帯の商品も気になる