SP

2010年7月14日水曜日

地上デジタルチューナー(uniden・DTH11)。



地上デジタル放送に完全に移行するまであと1年。(2011年7月24日地上アナログ放送終了・停止)

そろそろデジタルチューナー付きの液晶テレビなどに買い換えても良いのだけれど、
まだまだ我が家のブラウン管テレビは現役で、壊れているわけでもないし(もったいないし)、
愛着もあるのでアナログ放送停止以降も引き続き使っていきたい。

それに、アメリカなど一部の国では、アナログからデジタルに完全移行するには、準備が十分に整っていない、テレビが見られなくなる大量のテレビ難民が出るなどの理由から、テレビの完全デジタル化を延期した例も結構あると聞くし、日本でも・・。

ということで、チューナーを買うことに決め、チューナー付きのHDD・DVD・ブルーレイレコーダーかデジタルテレビチューナーかを検討して、購入したのが、ユニデン「DTH11」。

基本的なスペックは、サイズが幅12.0cm×高さ3.0cm×奥行15.0cmとかなりコンパクト。
搭載されているチューナーは、CATVパススルー対応の地上デジタルのみ。
リモコン付きで、8日間の電子番組表(EPG)、視聴予約、画面いっぱいの映像が楽しめるズーム機能などの機能もあり。

現在販売されている数あるチューナーの中から、この「DTH11」に決めた最大の理由は、まず価格が安いこと(5000円前後)と、視聴予約機能が付いていること。

この価格帯で視聴予約機能が付いているのは、私が知る限りこの商品だけ。
なぜ視聴予約にこだわったのかというと、このチューナーをビデオにつなぐと、
アナログ放送停止後もビデオで予約録画が出来るため。

すべてのビデオデッキで予約可能とは言いきれないが・・・

【ビデオ側】予約設定で、チャンネルを外部入力に設定し、後は放送開始時刻と終了時刻を設定。
【チューナー側】視聴予約で、チャンネルを見たい番組に設定し、後はビデオ側と同じ時刻を設定。

ビデオ側とチューナー側の両方の予約設定をしなければならないが、
こうすればデジタル放送の録画が可能。

アナログ終了後もビデオ予約録画が出来るというわけです。

気に入った点
・コンパクトサイズ
・リーズナブルな価格
・視聴環境にもよると思うが、まずまずの画質

気になる点
・搭載チューナーは、地上デジタルのみ
(「地上デジタル」「BSデジタル」「110°CSデジタル」の3つのデジタル放送チューナーが付いていたらもっと良かった)
・アンテナ入力端子のみ(アンテナ出力端子はない)
・D端子やHDMI端子は付いていない(赤白黄のビデオ端子のみ)

お金に余裕があるなら、「地上デジタル」「BSデジタル」「110°CSデジタル」の3つのデジタルチューナーが付いた機種がおすすめかも!
デジタルチューナーいろいろ!