SP

2008年7月25日金曜日

シネマコンプレックス(シネコン)。

複合型映画館、シネマコンプレックス。略してシネコン。
シネコンといえば、郊外にある映画館というイメージを持っていたが、そんなことはなく、都心にも続々とオープン。

7月19日にオープンした「新宿ピカデリー」には、専用エレベータ+専用待合室+シャンパンサービス等ありの豪華3万円席もあるそう。

私が昔よく行っていた映画館も、いつの間にか取り壊されていて、今ではシネコンに。

そこで、今回はシネコンについてレビュー。
ということで、某シネコンに行った時の感想を。

まず、当然のこと出来たばかりだったので、建物はもちろん、すべてが洗練されていてキレイ。
人間工学に基づいて作られたと思われるシートの座り心地もグッド。

でも、私が一番気になっていたことは、「シネコンはすべて指定席」だということ。

入場時に(もしくはネット予約で)席を選ばなければいけないので、従来の映画館のように館内に入ってから席を選ぶことは出来ない。

土日祝日の混雑時に行く人にとっては、確実に席を確保出来るのでいいのかも知れないが、平日の空いている時間帯に行くことが多い私にとっては、これはツライ。
なぜなら、「うるさそうな人(団体)」「危なそうな人」「クサイ人(香水等も)」などの側を避けて座ることが出来ないので。

まぁでも、私が行った日は、それほど混雑しているわけでもないし、考えすぎ、杞憂かなと思っていたら・・・私のすぐ後ろに、尋常ではない全身強烈な香水のにおいを発している女性が。

まさに最悪。

指定席なので席を移るに移ることも出来ない。
(後で聞いた話だと、何かしらの理由がある場合は係員に言って移動しても構わないそう)
(でも、係員に言って移動というのも面倒)
(言わないで移動して、移動した席を予約していた人がやってきてトラブルになるのも面倒)

というわけで、平日の空いている時間帯に映画館に行く事が多い人にとっては、シネコンは意外に不便かなという個人的な結論。でも、何かしらいいアイデアがあるかも。

2008年7月10日木曜日

DVDプレーヤー。

Dvc00045




Dvc00044





今更ながらではあるが、もはやレンタルビデオの時代はほぼ消滅し、今やレンタルDVDの時代。
今でも録画はビデオというビデオ派の私でも、DVDプレーヤーは持っている。
そこで、今回はDVDプレーヤーをチェック!

私が愛用しているは、パナソニックの「DVD-S50」。
DVD-RAM、DVD-R、DVD-R DL(片面2層)、DVD-RW、+R、+RWの再生対応。
もちろんCDもOKと、ほぼ何でも再生。画質・音質もほぼ問題なし。他にも再生ディスクの情報を画面に表示する機能などもあり。

主にDVDレンタルの再生用として使用。(知り合いに録画してもらったTV番組を再生することもあり)手軽に使える機として重宝している。

聞くところによると、某メーカーのDVDプレーヤーは、イマイチとのことで、
例えば、他のメーカーのDVDレコーダーで録画したものを再生しようとすると、まったく認識せず、再生できないなんてことが多々あるそう。(もちろん、ちゃんとファイナライズ処理しているのに・・)
さらに、レンタルしてきたDVDも再生できないことがあるとか。

私が試した限りでは、パナソニックのDVDプレーヤーではそんなこともなくgood!
ハードに使う人の再生専用機としてもオススメ!

余談だが、「DVD&ビデオデッキ」は、個人的にはあまりオススメできない。
理由は、片方が壊れた場合、修理に出すとしてもその期間両方とも使えなくなるため。
昔、テレビデオを使用していた時、テレビは何ともないのに、ビデオデッキが壊れたため、ビデオデッキだけ買い換え、ビデオの使えないテレビデオを長く使った経験があるため。

気に入った点
・ほとんどのメディアを再生できる
・リーズナブルな価格(1万円前後)
・おしゃれなデザイン

気になる点
・以前の機種「DVD-S39」のリモコンにはあったディスクの取り出しボタン(開閉ボタン)がなくなった
・ディスクのトレイがヤワな感じ(丁寧に扱えば問題なし)
DVDプレーヤーいろいろ!