SP

2018年6月30日土曜日

モバイルバッテリー乾電池式(多摩電子工業 電池4本交換式チャージャー「TD36SW」)。















たまにしか使っていなかったタブレットPC(7インチ)のバッテリーがダメになってしまい(充電できなくなってしまい)、買い替えやバッテリーの交換も考えたが、ほとんど使わないのでまた放置してバッテリーがダメになるだけだし、普段、家の中で使う分にはAC電源につないだ状態で使えるので気にしていなかったが、ごくたまに外出先で使いたいと思うようになり、手軽に使えるモバイルバッテリーを探してみることに。

頻繁に使うわけではないので、バッテリーの劣化も気にしなくていい、緊急事態にも対応するものということで、繰り返し使っているうちに劣化して使えなくなるリチウムバッテリーではなく、繰り返し使える乾電池式の携帯用バッテリーがいいなということで、タブレット対応ではなかったが(タブレット対応の乾電池式バッテリーは見つからなかった)、なんとなく良さそうだったので購入したのが、tamaの「TD36SW」。

主な仕様は・・・

●サイズ:W34×H77×D33mm
●質量:本体97g(電池フタ・乾電池含む)、携帯電話機用コネクタ6g、USBケーブル17g
●ケーブル長:約90cm
●入力定格:DC6V
●出力定格:DC5V
●充電定格:最大800mA
●MEIA充電容量:LR6×4/6.0V 1550mah
●付属:本体、USBケーブル、携帯電話機用変換アダプタ、単3形アルカリ乾電池4本

●単3形アルカリ乾電池4本使用するスマートフォン、携帯電話機用充電器
●本製品またはパソコンのUSBポートから、スマートフォンや携帯電話機の充電ができる2WAY充電器
●コードタイプの充電器だから、充電しながらの通話に便利
●乾電池交換式で繰り返し使える

・・・とのこと。

充電用としてではなくAC電源がわりとして使用しているが、タブレットの電源も立ち上がるし、外出先で短時間使う分には特に問題なく使えている。ただしタブレットで使用する場合は自己責任ということになる。

ちなみに、他のUSBケーブルが使えるかどうか試してみたが、他のケーブルの場合、通電表示LEDが点灯しないので、使えるかどうかは微妙。通電表示LEDが消えたら電池交換のサイン。
充電時間は、携帯電話が2時間以内、スマートフォンが1時間以内が目安。機器によって充電時間は異なる。

充電のパワーを求めるなら、やはりリチウムバッテリーがオススメ。

気にいった点
・リーズナブルな価格
・コンパクトサイズ
・乾電池を交換すれば何度でも使える
・放置OK(リチウムバッテリーのように、たまに充電したりする必要もなし)
・スマートフォン(microUSB)、ガラケー(フィーチャーフォン)の充電も出来る(docomoFOMA softbank3G au等対応) ※使用できない機種もあり
・別売りの専用ケーブルの購入でiPhone/iPodの使用も可能 ※使用できない機種もあり

気になった点
・耐久性