SP

2012年7月6日金曜日

血圧計(手首式)。


血圧が高い!というわけではないけれど(どちらかというと低血圧だけれど)、健康のこととか、ちょっと気になったので、血圧計を買うことに。

自分の場合は、購入する動機が、それほど深刻なケースではないので、リーズナブルな価格で手軽なものをということで、探して見つけて購入したのが、シチズン・システムズの電子血圧計(手首式)「CH-650F」。

特長は・・・
●測定値(最高血圧値、最低血圧値、脈拍数)を60回分をメモリー
●測定中の体動(測定中に手や手首などが動き、大きな圧力変化が検出された場合)を体動マークでお知らせ
●測定中の脈間隔の変動(不規則な脈間隔)をマークでお知らせ
●測定値の最新3回分の平均値を表示
●ハードカフで手首周長13.5cm~21.5cmに対応
●収納ケース付き(すっぽり収まる)

仕様は・・・
測定方式:オシロメトリック法
表示方式:デジタル表示
測定範囲:圧力0~280mmHg、目量1mmHg、脈拍40~180拍/分
測定精度:圧力 ±3mmHg、脈拍数±5%
加圧:ポンプによる自動加圧
減圧:電磁弁による自動排気
定格および電源:DC3V、単4形アルカリ乾電池2本
電池寿命:約400回
メモリー:60回分
質量:約103g(電池含まず)
寸法:約65(幅)×74(高さ)×29(奥行き)mm(手首カフ含まず)
・・・とのこと。

上腕式の方が数値が正確という話もあるけれど、価格やメーカー、機種によっても違うようだし、当たりはずれもあると思うし、異常に高い数値や低い数値が出たときに、病院に行くきっかけとして活用出来るのかなと判断。
数値の誤差は、血圧計の個性として捉えている。

実際に試してみた感想は、いい感じの加圧具合で、数値の誤差も(ちょっと低い感じもするけれど)あまり気にならない範疇。
他のものを使用したことがないので、他と比較できないけれど、個人的には悪くない使用感。

気に入った点
・とにかく手ごろな価格(3000円前後くらい)
・見やすい大きなデジタル表示
・軽くてコンパクト
・上腕式と比べ手首なので簡単に装着できて計測できる

気になった点
・メモリーをリセットするとすべてのデータが消えてしまう
(リセットしたいデータを1つずつ選べるとよかった→そうすると複数人でも利用できる)
・「使用の期限」として、「標準的な使用期間は5年もしくは最大3万回のいずれか早く達した方」と書かれていて、
それ以上は使用しないでくださいとのこと
(デリケートなものなので仕方ないかなとは思う)