SP

2015年10月26日月曜日

カスペルスキー 2015 マルチプラットフォーム セキュリティ。















今年もセキュリティソフトは、カスペルスキーに。
2016版もリリースされているが、購入したのは、KASPERSKY 2015版。
今まで使用していた2014をアンインストールしてから、早速、インストール。
第一印象は、2014版も良かったが、デザインもほぼ同じで、使用感はさらに軽い感じ。

動作環境は・・・

[macintosh]
対応OS: Mac OS X 10.7 Lion/Mac OS X 10.8 Mountain Lion/Mac OS X 10.9 Mavericks/Mac OS X 10.10 Yosemite
CPU: 1GHz以上
メモリ: 32bit版は1GB以上、64bit版は2GB以上
HDD: 480MB以上
メディア: CD-ROM

[macintosh]
対応OS: Mac OS X 10.6-10.9 ※32ビット版・64ビット版
CPU: 1GHz以上
メモリ: 2GB以上
HDD: 350MB以上
メディア: CD-ROM

・・・とのことで、XPにも対応。2016版はXP非対応。

2015版をインストールしたい場合には、まずは付属のCDROMでソフトをインストールし、その後、ネットにつないで、アップデートしないと、2016版になってしまうので要注意。
最新版がいい人は、簡単にネットでダウンロードできる。(※ちなみに、いつでも最新版にアップグレード可能)

気に入った点
・リーズナブルな価格
・わかりやすい仕様
・PCのスペックにもよると思うが軽い印象
・ユーザ登録(メールアドレスの登録)しなくても使える
「eset」などはユーザ登録(メールアドレスの登録)が必須みたい

気になった点
・webサイトでダウンロードする場合、2016版しかダウンロード出来ない
・最新版「カスペルスキー2016 マルチプラットフォームセキュリティ」も気になる

0 件のコメント:

コメントを投稿