SP

2008年5月29日木曜日

シュレッダー。

Dvc00041




Dvc00042





これまでは特に気にしていなかったが、やはり「シュレッダー」は必要なのかもと思いはじめてきた今日この頃。

その理由として・・・
住所等個人情報の書かれたものを捨てる時
仕事で使った書類を自宅で捨てる時
データの入ったCDやDVDを捨てる時
とにかく細かくして捨てたい物が出た時
などなど。

個人情報保護法も全面施行されて3年が過ぎたことだし(ま一応ということで)、個人情報保護対策として、個人情報漏洩防止のためにということで購入を決意!

とは言っても、それほどシュレッドするものが多いわけでもないし、手動で、安いもので十分!
それで購入したのが、アスカの「HC451CD」。

A4用紙3枚、CD、カードの裁断が可能。
CDは三分割、カード5分割に裁断し、紙とプラスチックのくずは、別々のダストボックスに入るつくりになっている。また、レターオープナーも付属。

くず箱の容量は、紙が約20枚ほどの4.3リットル。
プラスチックがCD約15枚の1.3リットル。
サイズは、W298×D145×H198mmとのこと。

このシュレッダーについて思ったことは、まず意外に質量が重いということ。
他の手動のシュレッダーを使ったことがないので、他との比較は出来ないが、プラスチックのくず箱に漬け物石を乗せたような感じでズッシリと重い。

ちなみに、上段の裁断(ハサミ)部分と、下段のくず箱部分は、くっついていないので、上段の部分だけを持ち上げると、下段は持ち上がらない。

使用感については、細かくストレートカットではなくクロスカットしてくれるので裁断については十分。
ハンドルも特に重いという感じはない。(A4用紙)

CD、カードについては、未使用のためノーレビュー。

気に入っている点
・リーズナブルな価格
・いっぺんにA4用紙3枚切れる
・クロスカット

気になる点
・枚数が多くなるほどハンドルは重くなる(仕方ないけど)
・レターオープナーは、個人的にはいらないかも
・持ち上げる時、下段を持たないといけない
シュレッダーいろいろ!

0 件のコメント:

コメントを投稿